NEXT

『沖縄コーヒー講座』in琉球大学は、2024年1月6日(土)&7日(日)の2日間、定員を増加し10名程度の募集を致します。主催:一般社団法人沖縄コーヒー協会。後援:琉球大学国際地域創造学部ウェルネス研究分野。定員60名。

≫ 『沖縄コーヒー講座』の開催案内はこちらをクリック‼。パンフレットの入手もこちらをクリック‼。

2023年12月23日&24日及び2024年1月6日&7日の4日間にて「沖縄コーヒー講座」in琉球大学を初開催致します。後援は、琉球大学国際地域創造学部ウェルネス研究分野です。

≫ 沖縄コーヒー講座の開催案内と申込パンフレットはこちら


豊かな風味としっかりとした酸味が特徴の沖縄県産コーヒーを世界へと広げたい。沖縄の生産者が手間ひまかけて大切につくりあげたコーヒーをぜひ一度ご賞味ください。香りと苦みと甘みのバランスがとれた深みある美味しさをお楽しみください!沖縄から全国へ、そして世界へ。

豊かな風味としっかりとした酸味が特徴の沖縄県産コーヒーを全国へと広げたい。沖縄の生産者が手間ひまかけて大切につくりあげたコーヒーをぜひ一度ご賞味ください。香りと苦みと甘みのバランスがとれた深みある美味しさをお楽しみください!沖縄から全国へお届けも可能です。

沖縄・奄美は、わが国のコーヒ産地北限と言われ、古くは明治時代からコーヒー栽培が行われていました。現在では約30もの農家がコーヒーを栽培し、それぞれ切磋琢磨しながらおいしいコーヒーを生産するために頑張っています。奄美大島、徳之沖永良部縄本北中部、南久米島宮古石垣と生産地は広がっています。

沖縄・奄美は、わが国のコーヒ産地北限と言われ、古くは明治時代からコーヒー栽培が行われていました。現在では約70以上の農家がコーヒーを栽培し、それぞれ切磋琢磨しながらおいしいコーヒーを生産するために頑張っています。奄美大島、徳之島や沖永良部や沖縄本島の全体、石垣・宮古・久米島とどんどん生産地は広がっています。コーヒー栽培を目的に、沖縄移住する方も増えております。


香りと苦みと甘みのバランスがとれた深みある美味しさのつまった沖縄県産コーヒーをご自宅や店舗でご賞味ください。沖縄の栽培農家がひとつひとつ大事に丁寧に育てたコーヒーを沖縄から全国へお届けします。

香りと苦みと甘みのバランスがとれた深みある美味しさのつまった沖縄県産コーヒーをご自宅や店舗でご賞味ください。沖縄の栽培農家がひとつひとつ大事に丁寧に育てたコーヒーを沖縄から全国へお届けします。販売開始は2024年2月頃より開始いたします。

TOP